家でぐだぐだ2人暮らし

共働き夫婦3年目突入。ホットクックの使用レビューを公開しています。

ネタばれあり IDOL AND READ #016 感想(石森虹花ちゃん表紙)

どーも、iegdgdです。

ようやく購入しました。虹花ちゃんの2万字インタビュー!

IDOL AND READ 016

IDOL AND READ 016


私のレベル

私は在宅ミーハーオタクの為、情報源はブログと気が向いたら買う雑誌です。

ライブは行ったこともなければメッセージも取っていません。

テレビで放送された歌番組は録画して繰り返し観ています。

ガラスのMステゆいちゃんずセンターの時の途中のセンターポジションで
魅せてくれた虹花ちゃんがお気に入りです。かっこよかったよね~!

握手は平成30年1月@ポートメッセ名古屋で1枚握りしめていきました。
生まれて初めての個握で緊張のあまりキメ顔をお願いして終わりました。


※4thの不協和音からハマりましたので、それ以前の活動は追えていません。


感想

とても読みやすいインタビューでした。
4万字でもよかったのに・・・と思う位、あっという間でした。

長ネギの戦いとオーディション時のオダナナの様子がツボでした。

動機がしっかりしているので、入るまでの覚悟もプロ意識が高く、
それゆえに初期はまわりとの意識の違いや温度差でうまくいって
いなかったのですね。

ポジションのことで葛藤したりたくさん豆腐メンタルな時期を
過ごして向き合って今のメンタルを構築していったのですね。

まわりをよく見て、まわりの幸せを考えて分析されているので
自分をあまり出さない姿勢はファンからしたら「もっともっと
虹花ちゃんプリーズ(涙)」なおあずけな状態になってしまい
ますが、本人も色々考えての行動をしているので、彼女の意思
を尊重して歩む道を見守っていくしかないのかなと思いました。

私のようなミーハーはなぜメディアへの露出が少ないのだ!
推されていないのか!と悶々としてしまいますが、そんな時は
このインタビューを読み返して落ち着きを取り戻したいと思い
ます。自分で限界を決めないって意思をはっきり持っていると
いうのは大切ですしね。頑張って欲しいです。

グラビアは横になっているポーズが素敵でした。

口元をキュッと結ぶ笑顔やキメ顔も可愛いですが、ゆったりと
した口元の表情も可愛いな~と思います。

おばさんはね、役者のお仕事をする虹花ちゃんが観たいです。