家でぐだぐだ3人暮らし

共働き夫婦3年目突入。ホットクックの使用レビューを公開しています。

2019年の予定と家計の予算について

どーも、iegdgdです。

2019年の家計の予算について記したいと思います。

f:id:iegdgd:20190207214523j:plain


2019年の予定

・1月の中旬から産休

・2月に出産予定

・9月から職場復帰

・1月~8月までは夫の給料で生活


年払いの支出予定

支払い月 項目 予算 補足
3月 タイヤ交換 2,200 1台分
4月 自動車保険 90,000 走行距離が多いので補償を重視
5月 自動車税 34,500 普通車
6月 免許の更新 3,000
9月 整備費用 6,000 オイル・エレメントなど
12月 タイヤ交換 2,200 1台分
12月 予防接種 8,000 2人分
合計 - 145,900 -

10月から消費税が10%になるので12月の費用が心配です。


投資の予算

項目 予算 補足
つみたてNISA 400,000
iDeCo 60,000
合計 460,000 -

つみたてNISAは2020年、iDeCoは2048年までの予算を確保しています。


1か月の生活費の予算

予算項目 予算 備考
食費+日用品 40,000 外食、妻の昼食費を含む
その他 0  
税金 0  
ガソリン 15,000 夫の車のみ
ガス 10,000 プロパン
電気 10,000  
水道 3,000 支払いは偶数月
家賃 45,000 駐車場代含む
ネット 5,000 フレッツ光
引落(夫) 9,000 携帯
引落(妻) 10,000 携帯、※保険、※有料会員
こづかい(夫) 30,000 昼食費、交際費
こづかい(妻) 3,000 交際費
    結果  180,000  


こどもにかかる費用が未知数なので「養育費」、「教育費」は予算に含んでいません。

別途、夫の生命保険(掛け捨て)を2,000円~3,000円内で検討中です。



2019年の不安要素


・実は勤め先(妻)がなくなる可能性あり

・勤め先がなくなった場合、育休の手当がもらえるか不明

・産後、こどもにかかる毎月の費用

・産後、車を1台購入する可能性あり

・勤め先がなくならなかった場合、半年で復帰できるか不明



まとめ

お互いボーナスがない勤め先なので1馬力でいつまで生活していけるのか。

「教育費」、「2020年の年払いの支出」、「投資費用」の貯金できるのかが課題ですね。

あとは零細企業なので産休は交渉して半年になりました。本当は1年欲しかった~(涙)

後任がいないので産後すぐに戻って欲しいそうですが法律上無理ですと断りました。

正直、初産ですし半年で復帰できるのか不安です(-.-)

今年も家計簿をコツコツつけて試行錯誤していきたいと思います。